フロアコーティングの種類選びは特徴を把握したうえで選択しましょう

フロアコーティングの種類選びは特徴をしっかり理解した上で自分のフローリングに合った種類のものを選びましょう。 - フロアコーティングの種類を選ぶ前に考えておきたいこと

新着情報

●2015/08/17
フロアコーティングの種類を選ぶ前に考えておきたいことの情報を更新しました。
●2015/08/17
運営管理者を新規投稿しました。
●2015/08/17
フロアコーティングを安くするにはどうしたらいい?の情報を更新しました。
●2015/08/17
ワックスとフロアコーティングの違いを覚えておこう!の情報を更新しました。
●2015/08/17
フロアコーティングを利用するメリットは何がある?の情報を更新しました。

フロアコーティングの種類を選ぶ前に考えておきたいこと

フロアコーティングの種類はたくさんあり、何を選んだら良いか分からないという人もいるでしょう。そんな人は、どんなことを考えておけば、種類を選ぶときに簡単になるかを知っておきましょう。それを考えておけば、あとはその条件に合ったコーティングを選ぶだけで大丈夫です。フロアコーティングは、一度選んだらすぐに変えるというわけにもいかないものなので、しっかりと考えをまとめておく必要があります。

どれぐらいの期間で張り替える予定か

一つは、コーティングの使用期間です。3年程度で新しく張り替えるつもりなのか、それとも10年や20年と使う予定なのか。その点を考えておくだけども、長期的に利用する予定ならガラスコーティングやUVコーティングがいいなど、コーティングの種類を絞り込むことができます。

生活するうえで気を付けたいポイントは?

qweqtyd
日差しを気を付けたいのか、それともペットのオシッコを気を付けたいのか、または滑りをできるだけしづらくしたいのか。そういった生活面で何を重視するかを考えておくことも大切です。それを考えておかないと、何に特価したコーティングを選ぶのかが選びにくくなってしまいます。

そもそも予算はどのくらい?

絶対に値段を安くしたいという人は、値段が安いシリコンコーティングやウレタンコーティングがいいでしょうし、高くてもしっかりしている方が良いならガラスコーティングやUVコーティングという選択肢もあります。予算の設定をするだけでも、選択範囲をかなり狭められます。
フロアコーティングを選ぶ前には、上記の三つに関して、できるだけ考えておくようにしましょう。そうしないと、自分の生活に合っていないコーティングの種類を選んでしまう可能性は高まってしまいます。また間違った選択をしてしまった場合、そこで不満を持ちながら生活しなければなりません。そうならないためにも、まずは三つの項目をしっかりと考えてみましょう。
フロアコーティングをするなら、どんな種類があるのか、そのそれぞれにどんな特徴があるのかを知っておくべきです。それぞれの特徴を知っておかないと、自分の使用方法に合わせたフロアコーティング選びができません。また値段だけを見て適当に選んでしまっても、あとあと後悔してしまうことにもなりかねません。そうならないためにも、しっかりと特徴を把握したうえで自分に合ったフロアコーティングを選びましょう。

ガラスフロアコーティングってどんなもの?

ガラスコーティングの特徴としては、非常に硬度が高く、耐水性、日焼けにも強いコーティングです。また薬品にも強い素材なので、ペットなどを飼っている人にもぴったりと言えます。また値段はちょっと高いという部分もありますが、耐用年数が20年程度と長めなので、トータルコストを考えると、そこまで高くないのではないでしょうか。

UVフロアコーティングとは?

UVフロアコーティングの一番の特徴は、硬化するのが早いため、乾燥までの待つ時間がいらないということです。そのためすぐに部屋を使用することができるというメリットがあります。また耐用年数が25年程度とされていて、かなり長く使用できるという特徴もあるので、値段はガラスコーティング程度と高めですが、値段だけで判断しない方が良いでしょう。ただ値段を見るだけではなく、耐用年数が長いという部分もあるので、その点も合わせて考える必要があります。

シリコンフロアコーティングって何?

一番滑りにくいとさているのが、シリコンフロアコーティングです。そのため小さい子どもやお年寄り、ペットと生活するという人にはぴったりなコーティング方法です。また撥水性も高いので、そういった面でもペットとの生活にぴったりだと言えるでしょう。
このようにフロアコーティングにはそれぞれに特徴があります。自分がどのような用途で使用したいのか、どんな機能があったら便利なのかということをよく考えたうえで、自分に合ったフロアコーティングを選びましょう。